Linux

rmとrmdirコマンドでディレクトリを削除する時の違い

結論

rmは-rのオプションをつけることで、ディレクトリ内にファイルがあったとしても削除ができる。

rmdirの場合はディレクトリ内にファイルがあったら削除できません。

フォルダを削除する際に隠しファイルがないか確認することが大事です。

フォルダを削除する時はrmdirを使ったほうが安全です。

rmdirだとフォルダの中身があると削除できないからです。

// フォルダの中身があるない関係なしに削除
rm -r foldername

// フォルダの中身がある場合は削除できない
rmdir foldername

参考文献

新しいLinuxの教科書