Linux

【Linux】ファイルのパーミッション

一つ一つのファイルに対して「誰にどのような操作を許可するか」という権限を規定する情報が設定されています。この情報のことをパーミッションといいます。

確認方法

ファイルのパーミッションはlsコマンドに-lオプションをつけることで確認することができます。

$ ls -l /bin/cat
-rwxr-xr-x  1 root  wheel  36768 Oct 31  2020 /bin/cat

フィルタタイプ

先頭の一文字目はフィルタタイプを表します。フィルタタイプは下表のとおりです。

通常ファイル
dディレクトリ
lシンボリックリンク

ファイルタイプの後ろの9文字の部分はファイルモードとよばれ、ファイルのパーミッションを表しています。

r,w,xはパーミッションの種類

また9文字のrwxr-xr-xはrwx、r-x、r-xという3文字ごとのブロックになっています。それぞれが「オーナー」「グループ」「その他のユーザ」に対するパーミッションを表しています。

オーナー(root)グループ(wheel)その他のユーザー
rwxr-xr-x

グループとオーナーがわからない人は以下の記事を読んでみてください。

r, w, xの記号は許可されるファイルへの操作を表しています。操作はr(読み取り)、w(書き込み)、x(実行)の三種類があります。

記号意味
r読み取り(read)
w書き込み(write)
x実行(execute)

lsコマンドの-lオプションで実行すると、操作が許可されているときは「r」「w」「x」という記号が表示され、許可されていないときは「-」が表示されます。

/bin/catファイルは以下のパーミッションが設定されているということになります。

ユーザー権限読み取り書き込み実行
オーナー許可許可許可
wheelグループに所属するユーザー許可禁止許可
その他のユーザー許可禁止許可

参考文献

新しいLinuxの教科書