Linux

【Linux】chmodコマンドの使い方

ファイルやディレクトリのパーミッションの設定を変更するにはchmodコマンドを利用します。chmodコマンドには「シンボルモード」による指定と「数値モード」による指定があります。

ファイルのパーミッションはファイルのオーナーかスーパーユーザーしか変更することはできません。

シンボルモード

シンボルモードでは以下のように指定します。

chmod [ugoa] [+-=] [rwx] <ファイル名>
$ chmod u+w file.txt

ugoaはそのユーザーに対するパーミッションを行うかを決めます。なおユーザーを省略するとaを指定したものとしてみなされます。

記号意味
uオーナー
gグループ
oその他のユーザー
augoすべて

「+-=」は権限を追加するのか禁止するのかの操作を表します。

記号意味
+権限の追加
-権限の禁止
=指定した権限と等しくする

数値モード

数値モードでは以下のように設定します。

chmod <8進数の数値> <ファイル名>

シンボルモードは元のパーミッションに関わらず新しいパーミッションの値へと変更します。

許可する操作数字に置き換えて足し算して表現します。

意味数字
読み取り(r)4
書き込み(w)2
実行(x)1

足した値を「オーナー」「グループ」「その他のユーザー」の順に並べて指定します。

例えばrwxr-xr-xは数字に変換すると755になります。

$ chmod 755 file.txt

参考文献

新しいLinuxの教科書